mezash1taiMoviのブログ

ミニマル生活めざし隊 2番隊組頭 Moviのブログです。雑念と物があふれた我が家にミニマル生活を呼び込むべく、こんなのあったらいいな、できたらいいなを考えるブログです。

専門家AI

ソサエティ5.0、SDGs、ポストコロナ+ withコロナ

世の中目まぐるしく変わり、情勢も交わされる情報量も

変化が著しい。人間ひとりがやれることなんてたかが

しれてるから、AIの活用で持続可能性な未来を切り拓く。

まさにリング。future-fitの冒険だ。

 

でも実は、ひとりのAIができることもたかが知れてる。

知識−情報の整理、活用は結構めんどくさいのだ。

そこで欲しいのが、専門家AI。

人間がなんでも博学でなくて良いように、AIだって

何でもかんでも知ってなくて良い。

彼らはいつでもインターネットに繋がれるのだから。

世界のどこかに専門家AIが居てくれれば、端末AIは

専門家AIに訊きに行けば良い。

専門家AIは、その専門知識を超高速で検索できる能力を、

つまり、その知識に見合った整理方法を構築してれば良い。

専門家AIが寿命を迎えたら、その知識は次代の専門家に

コピるだけ。知識の継承もバッチリだ。

リスク管理という意味では、専門家AIは最低2人、常に

居るのが望ましいのかも知れない。まるでノアの方舟

 

こうなると、調べることにはますます時間をかけられなくなる。

それはそれで忙しなくなるけれど、調べるのに費やされるはずの

時間を「考える」ことに充てられたら、ボクらはもっと世の中を

良くしていけるのではないだろうか。

オンラインだからできる醍醐味①

新型コロナが広まってはや4ヶ月。

オンラインほにゃららが多くなった。

オンラインレッスン、オンライン飲み会、オンライン会議。。。

オーケストラをオンラインで配信するなんて、素晴らしすぎる。

 

そこでふと思ったのだけど。

せっかくオンラインに出来たなら、楽器の位置、幕ごとに

移動するなんてどうだろう?

位置が変われば、当然鳴る方向も変えるわけで。

ピーターと狼や動物の謝肉祭なんか、ストーリーに合わせて、

右に行ったり左に行ったりしたら、音で空間を、物語をもっと

表現できるんではないだろうか?

(映画館のようなクラシックなんてちょーカッコよくない?!)

 

在宅勤務でコロナ肥満が芽生えつつある今日この頃。

そんなエンターテインメントがあっても嬉しいなぁ。

見たままレンズ

『人はひとりで生きるものではない』

と、「人」という字を教えてくれた人がいたけれど、

誰かとこの綺麗な風景を共有したいと思うのは、

きっと自然な性癖なんだろう。

 

最近は空前のウェアラブルブームということもあって

映像の共有が盛んだけど、やっぱり一番使いやすいのは

スマートフォンなんでないだろうか?

今朝も酸欠気味に薪が燃えるのを「きれいだなぁ」と

思ってiP◯◯で写真を撮ったけれど、、、

f:id:mezash1taiMovi:20191122071830j:image

 

なんとボーボー燃えているではないか?!

見た目と全然違うYO?!

もっと切なく揺らめいて、なんとも言えない美しさよ?!

人間の目には見えないもんが、カメラ達には見えている…

のかもしれない。

 

せっかくだもの、見たままの風景が気軽に手軽に高速に

共有できるように。

「持ち主の視力にピントを合わせてくれる」

そんなレンズが携帯に搭載されたらいいな。

自動運転乳母車&手押し車

これは、坂道の多い地域向けのアイテム。

ふた昔前は、子どもを抱っこしてる人が多かったけど、今は大抵乳母車に乗ってる。

日本には、関東平野-武蔵野台地石狩平野など有名な平野があるけれど、今や人口

集中で丘の上に住んでる人が多い。

景色が綺麗で抜け感が気持ち良かったりする一方、乳母車には少々酷な環境である

ことは間違いない。

 

そんな時、自動運転乳母車があったら便利そう。

仕組みは自動車のそれとは違い、シンプルなものだ。

iビーコンとお掃除ロボットのルートセンサ機能で構成される。

ビーコンは専用端末でも、スマートフォンにアプリを入れるでも良い

(簡単に普及しそうなのはスマホアプリだけど)。

 

要は、ビーコンから発信する信号を乳母車側の受信機が受け取り、お掃除ロボット同様の

周辺対応センサを駆使して追いかけるのだ。

これなら障害物があっても避けるし、信号が受信できなくなったらブレーキがかかるよう

にしておき、受信可能距離を手が届く程度にすれば、坂道を勝手に滑って行ったり、手が

届かない車道の真ん中で止まって轢かれるなんてこともない。

 

同じ仕組みをお年寄りの手押し車に利用すれば、重たい荷物を買い込んでも楽々持って

帰ってこれる。

 

全自動運転実現までまだ少し時間を要するこの時期に、少子高齢化が爆進するこの日本で、

お年寄りから赤ちゃんまでのお出かけをサポートする嬉しいモビリティだ。

蒸れないストッキング

女性の足はハードだ。

美しさのために、不安定なヒールに耐え、冬の寒さに耐え、夕方のむくみに耐える。

忙しく働く女性の足は、快適な靴下を履くことが許されない!

履けるのは、ストッキングだ。

しかし、ストッキングは蒸れる!

夏と言わず、冬と言わず。パンプスの中で、蒸れるのだ。

 

そんな時欲しいのが、足先快適ストッキング。

発想は大木の導管だ。

 

足先は水分を吸収し、内腿やふくらはぎから発散する。

素材は3種類の繊維からできていて、足先は外部から浸透圧でもって水分を吸収する

素材が使われる。

そこに足首くらいからふくらはぎにかけては吸い上げるためのチューブ状の繊維、

ふくらはぎ上部から内腿は、足元と同じく浸透圧でもって今度は外部へ水分を発散

する素材になっている。

 

冬はヒートテック素材と組み合わせ、足先さらりで足ぽかぽかを実現。

足先の水分を温めたいところで発散し、温めることができる。

靴もカビることなく、臭いも抑制できそう。

 

働く女性の美しさを後押しする嬉しいストッキングだ。

閑話休題 : 消えていったお気に入りの品々 1

ミヨシのせっけん「手肌のための食器あらい」天然保湿成分配合

 

なんでなくなっちゃったのかな〜。

キャラクター可愛かったのに。。。

 

 

f:id:mezash1taiMovi:20190609000038j:image

折りたたみハンガー(スラックス、スカート用)

出張が多くなったので、ハンガーを

持ち歩くようになった。

 

無印の折りたたみハンガー。

簡単に使えるし、見た目もシンプル。

とても気に入っている。

 

上着はこれで良いのだけれど、

スラックスやスカート用の折りたたみハンガーは

なかなかない。

 

ピンチがついてる方が汎用性はありそうだけど、

厚みが出てしまう。カバンの中で邪魔になりそう。

 

引っ掛けるだけのタイプなら、収納もスッキリしそう。

滑り落ちないように、かつ、シンプルさを壊さないように

表面加工するのが、必要だろう。

 

簡単に開けて、サッと使える。見た目もシンプルで邪魔にならない。

そんな折りたたみハンガーがあったら良いな。